デビットカードで申し込める格安SIMは楽天モバイルとLINEモバイルが確実

格安SIM デビットカード 比較 格安SIM比較

「デビットカードが使える格安SIMは?」「デビットカードは審査なしでつくれる?」

格安SIMでデビットカードが利用できるところは限られています。それは、未払いリスクを避けるためです。そんな中でも、楽天モバイルUQモバイル、mineoではデビットカードで支払いができます。しかし、ネット回線との契約が必要な場合など、それぞれの格安SIMごとに利用条件が異なるので、詳しく解説していきます。

>先にデビットカードが使えるおすすめ格安SIMの比較結果へ(下部へジャンプします)

デビットカードとは?クレジットカードより優れている点は?

格安SIM デビットカード クレジットカード

質問者
質問者

デビットカードってどんなカードなの?

カモメ君
カモメ君

デビットカードは銀行口座と直結したカードのことだよ。クレジットカードのように使えるし、お金が口座からすぐに引き落とされる点に大きな特徴があるよ。

デビットカードはクレジットカードと同じようにカード番号が刻印されていて、ネットや実店舗でクレジットカード決済するのと同感覚で買い物ができます。クレジットカードは後払いシステムで、発行には審査がある上に基本的には未成年者は利用できません。

一方、デビットカードは決済直後に銀行口座からお金が引き落とされるので、財布からお金を出して支払うようなイメージで買い物ができます。原則審査不要で発行でき、対象の銀行口座を保有していれば未成年者でも発行可能です。(例えば楽天銀行のデビットカードであれば、16歳以上なら発行可能)

クレジットカード、デビットカード以外の支払い方法としては、「口座振替」があります。「口座振替できる格安SIM比較!クレカなしのデメリットと注意点も解説」もご覧ください。

デビットカードを使うメリット・デメリット 

格安SIM デビットカード メリット

格安SIMの支払いにデビットカードを利用するメリット・デメリットは、以下のような点が挙げられます。

デビットカードのメリット

  • 審査なし
  • お金の管理がしやすい
  • 未成年者でも契約できる

デビットカードのデメリット

  • 対応している格安SIMが少ない
  • 還元率が低いクレジットカードより低い場合がある
  • 指定の銀行口座開設が必須

デビットカードは決済後すぐに口座からお金が引き落とされるため、まさに現金感覚で利用でき、お金の管理が苦手な人は使いやすいカードです。また、デビットカードの発行にあたって審査もないので、クレジットカードの発行が難しい人でも無理なく格安SIMの利用ができます。

一方で、ポイント還元率などはクレジットカードと比較するとやや見劣りします。また、デビットカードの取り扱いをしている銀行口座の開設も必要です。

14社調査!デビットカードが使える格安SIMはごくわずか

格安SIM デビットカード 比較

質問者
質問者

格安SIMはデビットカードでも契約できるの?

カモメ君
カモメ君

一部の格安SIMのみで契約できるよ。基本的には格安SIMを契約するにはクレジットカードが必須だけど、一部の良心的な格安SIMのみ口座振替やデビットカード支払いに対応しているよ。

主要な格安SIMの中でデビットカード支払いに対応しているのは、楽天モバイル・mineo・UQモバイル・LINEモバイルの4社のみとなっています(LINEモバイルはLINE Payカードのみ対応)。

クレジットカードであれば、催促や料金未回収などのリスクがありませんが(カード会社が立て替えで支払いや催促を行ってくれるため)、デビットカードは口座振替と同様に料金未回収などのリスクがあるため、ほとんどの格安SIMが積極的に対応しない傾向があるのです。

大手携帯キャリアなど体力がある大企業の場合は様々な支払い方法に対応していますが、利用料金が安く人員コストも限られているため、格安SIMではリスクの高い決済方法には対応しにくい実情があるのです。

デビットカード支払いOKのおすすめ格安SIMは?

格安SIM デビットカード 比較

各社の特徴を比較すると、利用条件や使い心地(料金・速度)において、楽天モバイルが頭一つ抜けています。楽天モバイルでは公式サイトで対応しているカードが明記されていますし、月額2,980円で高速通信と通話し放題なのは多くの人にとって大きな魅力と言えるでしょう。

【デビットカード支払いできる格安SIM比較】

 

総合評価

月額基本料金
(データ容量)

利用できるデビットカードの種類

楽天モバイル
(1位)

条件◎速度が速く、定額でネットも通話もし放題

2,980円/月
(データ無制限)

楽天銀行デビットカード/スルガ銀行デビットカード

UQモバイル
(2位)

高速で通信安定性が高い

スマホプランS
1,980円/月〜
(3GB〜/月)

発行会社の基準による
(※要問合せ)

mineo
(3位)

自由度が高く、ユーザーの満足度も高い

Aプラン
1,510円/月〜
(3GB〜/月)

発行会社の基準による
(※要問合せ)

LINEモバイル
(4位)

LINEやSNSが使い放題で便利

ベーシックプラン
1,480円/月〜
(3GB/月)〜

LINE Payカード

※価格は税抜

2位以下の格安SIMも独自の特徴がある(iPhoneがセット購入できるなど)ので、自分のライフスタイルに照らし合わせて最適な選択をしたいですね。

なお、UQモバイルやmineoで利用できるデビットカードは公式サイトなどでは明記されていませんが、ジャパンネット銀行のデビットカードが利用できることが確認されています。

デビットカード支払いできる格安SIMおすすめ3選

格安SIM デビットカード 比較

質問者
質問者

ランキング上位の格安SIMの特徴をもっと教えて!

カモメ君
カモメ君

データ容量をたくさん使うなら楽天モバイルがおすすめだよ。mineoはネット回線も契約が必要だったり、条件があるんだ。TOP3の特徴をまとめたから参考にしてね。

「楽天モバイル」はWEB申込みで手続き完結!

楽天モバイルは格安SIMの中でも特に通信速度が速く、通信回線が混雑する時間帯でも安定して20Mbps前後の速度が出るのでストレスフリーで通信ができます。

また料金も月額2,980円の定額制でネットも通話もし放題で、使いすぎて高額請求になる心配もありません。また、楽天モバイルを契約していると楽天市場での買い物で獲得できる楽天スーパーポイントが随時+1倍となるため、日頃からよく楽天市場を利用している人や楽天市場を利用している人やを貯めている人には特にメリットが大きいでしょう。

なお楽天回線のエリア外では毎月のギガの容量が5GB/月ですが、5GBを使い切った後でも1Mbpsの速度(You Tubeの標準画質で再生が可能)で通信ができるので、日本全国で安心して利用できます。

【楽天モバイル(音声SIM)の料金表】

プラン

基本使用料

データ容量

通話

Rakuten UN-LIMIT2.0

2,980円/月

無制限
(パートナーエリアでは5GB/月)

無制限

時間制限なし

※価格は税抜、Rakuten Linkを使用すると通話・SMS,海外での通話も無料

楽天モバイルで使えるデビットカードは?

楽天モバイルでは、

  • 楽天銀行デビットカード(16歳以上、発行手数料・年会費無料)
  • スルガ銀行デビットカード(15歳以上、発行手数料・年会費無料)

以上の2つのデビットカードでの支払いに公式対応しています。支払いに楽天スーパーポイントを利用できますし、口座振替にも対応しているので、カード支払いに不安がある場合やクレジットカードを所有していない人でも契約できます。

また楽天モバイルでは、キャンペーンの併用も利用してオンラインで申込み・手続きが完了できるので時間がない人や近くに店舗がない人にもおすすめです。

※キャンペーン内容が変更されている場合もあります。最新情報は以下の公式サイトをご確認ください。

「UQモバイル」は乗り換えならWEBで申込みOK

UQモバイルはauのサブブランドということもあり、国内正規品のiPhoneがセット購入できる、サポートが手厚いなどのメリットあります。また回線が混雑する時間帯でも速度が安定しているので、大手携帯キャリアから初めて格安SIMに乗り換えをする人には特におすすめできます。

スマホプランSではギガを使い切った後でも300kbpsの速度で通信ができますし、スマホプランRでは低速時でも1Mbpsで通信ができます。

格安SIMは速度が遅いと言われがちですが、格安SIMでも安定した速度で通信をしたいと考える人に特に向いているのがUQモバイルです。

【UQモバイル(音声SIM)の料金表】

プラン

基本使用料

データ容量

無料通話分

スマホプランS

1,980円

3GB/月

なし
20円/30秒

スマホプランR

2,980円

10GB/月

同上

※価格は税抜

UQモバイルで使えるデビットカードは?

UQモバイルでは公式に対応しているデビットカードの紹介などはありませんが、ジャパンネット銀行のデビットカードが利用可能であることが確認されています。口座振替での支払いにも対応しているため、クレジットカードの発行を受けていない人も安心して申し込みができます。

ジャパン銀行デビットカード(15歳以上、発行手数料・年会費無料)

「mineo」はネット回線と同時申し込みが必要

mineoはドコモ・au・ソフトバンクの大手携帯キャリア3社の通信回線の取り扱いがあるトリプルキャリアであり、自由選択度が高く、大手携帯キャリアから端末を流用しての乗り換えがしやすい格安SIMです。

どのスマホにどのタイプのSIMを入れればよいのかや、動作確認済端末の数などが他社よりも圧倒的に多くて親切なので、格安SIMへ乗り換えをして、APN設定などに初挑戦する場合でも安心度が高いと考えられます。

またmineoユーザー同士での交流ができる「マイネ王」というコミュニティーサイトや、mineoユーザー同士でギガのシェアができる「フリータンク」といった他社にはない個性的なサービスがあるのもmineoの大きな強みです。

【mineo(音声SIM)の料金表】

 

Dプラン
(ドコモ)

Aプラン
(au)

Sプラン
(ソフトバンク)

500MB

1,400円/月

1,310円/月

1,750円/月

3GB

1,600円/月

1,510円/月

1,950円/月

6GB

2,280円/月

2,190円/月

2,630円/月

10GB

3,220円/月

3,130円/月

3,570円/月

20GB

4,680円/月

4,590円/月

5,030円/月

30GB

6,600円/月

6,510円/月

6,950円/月

※価格は税抜
※無料通話分はなく、通話料金は20円/30秒

mineoで使えるデビットカードは?

mineoでは公式に対応しているデビットカードの紹介はありませんが、楽天銀行デビットカード(JCB)が利用可能であることが確認されています。

またmineoの支払いは原則クレジットカードのみで、口座振替には対応していませんが、eo光を契約していてその料金を口座振替で支払っている場合には、eo光とmineoの料金を合算して支払う形で、口座振替での支払いが可能です。

  • 楽天銀行デビットカード(JCB)(16歳以上、発行手数料・年会費無料)

まとめ 

デビットカードでの支払いができる格安SIMは数少ないものの、通信速度の速いUQモバイルや楽天モバイルなどは契約できます。また、デビットカードは口座からすぐに引き落とされるので、お金の使いすぎ防止にも役立ちます。