IIJmioは節約もしやすい!大手通信会社運営の安心格安スマホ

格安SIM各社レビュー
質問者
質問者

IIJを利用するとどんな嬉しいことがあるの?

カモメ君
カモメ君

大手企業だから安心感があるし、データ通信を節約しやすいといったメリットがあります

株式会社インターネットイニシアティブ(以下IIJ)が運営する格安スマホ(格安SIM)サービスのIIJmio。IIJはインターネットの通信分野では国内最大規模の事業者です。複数SIM利用が便利、データ通信を節約しやすいといったメリットがある一方で、ほかの格安スマホと同じく通信速度が遅くなる時間帯があるなどのデメリットもあります。

IIJのおすすめポイント

大手インターネット接続事業者としての安心感


IIJは1992年12月に設立されたインターネット事業者で、プロバイダーとしては国内最大規模の会社です。インターネット通信のノウハウに精通した会社で、大手キャリアと並んで高い安心感があります。

新しいスマホの動作確認結果も、積極的にIIJのホームページ上で公開しています。利用予定のスマホで使えるか事前に確認できるので、安心して申し込むことができます。

複数SIM利用の柔軟さは業界でもトップクラス


IIJmioはミニマムスタートプラン(3GB)もしくはライトスタートプラン(6GB)であれば同時に2枚のSIMカード利用が可能です。またファミリーシェアプラン(12GB)なら同時申し込みで最大5枚、同時利用は最大10枚のSIMに対応しています。他の格安スマホの場合、SIMカードの同時利用は多くても5~7枚程度です。

またIIJmioでは2019年9月から、各回線の名義を個別に登録可能になりました。これまではIIJに申し込む時点でIIJmio回線の名義を揃えなければなりませんでした。そのため、乗り換え前の業者で名義変更して名義を統一してからIIJに申し込む必要がありました。

IIJ以外ではBIGLOBEくらいしか個別名義での登録には対応しておらず、業界内でも群を抜いて家族間でのシェア(複数SIM利用)がしやすいものになったと言えます。

データ通信を節約する機能が満載


IIJmioには「通信速度の高速/低速切り替え機能」「バースト機能」「余ったデータ容量の繰り越し」といった特徴があります。


通信速度の切り替えは「みおぽん」と呼ばれるアプリをダウンロードすれば利用可能です。低速通信時は200kbps前後にまで通信速度が落ちますが、通信容量の節約ができます。

また低速通信時でもストレスなく読む仕組みとして「バースト機能」が実装されています。バースト機能は、ネット接続時の最初だけ高速通信を行うものです。読み込みスピードを速めつつ通信容量を節約してくれます。テキストや軽い画像ならすぐに読み込めます。バースト機能は、格安スマホの中でも限られた会社でしか採用されていません。節約はしたいけど通信の快適さもある程度保ちたい方にはあると助かる機能です。


またIIJmioでは余ったデータ容量を翌月に繰り越すことも可能です。たとえば3GBプランを契約していて1ヶ月に2GBしか使わなかった場合、残りの1GBを繰り越して来月は4GBの通信量が使えます。ただし余ったデータ容量は翌月までしか繰り越せない点に注意が必要です。

バースト機能や余ったデータ通信量の繰越などの節約術の詳細に興味がある方は、
格安スマホの低通信容量プランにおける倹約家必見のデータ通信節約術
の記事をご参照ください

IIJのデメリット(他社と比べて弱い点・注意すべき点)

質問者
質問者

IIJを利用するメリットはわかったけど、注意点とかないのかな?

カモメ君
カモメ君

IIJはバランスのとれた安心感のある格安スマホだけど、強いて言えば、速度の問題かな。でも、格安スマホ全般に言える話なので、ある程度しょうがないかな。

混雑する時間帯は遅くなる


大手キャリアであれば混雑時でも数十メガ、UQモバイルもしくはワイモバイルなら混雑時に数メガ以上の通信速度が保たれます。しかし、IIJmioをはじめほとんどの格安スマホでは12~13時、17~19時の混雑時間帯には0.5mbps以下の通信速度になります。

当サイトでは主要な格安スマホのリアルタイムの通信速度を掲載しています。実際の速度は、上記リンク先を参考にしてください。ほかにも口座振替に対応していない、専用の店舗がないので対面でのサポートを受けられないといったデメリットがありますが、安く使えることでの裏返しであるため、ある程度やむを得ない側面だと思います。

IIJの料金プランと割引サービス

質問者
質問者

IIJmioで契約すると、月額いくらぐらい必要なの?

カモメ君
カモメ君

ドコモとau、どちらの回線を選ぶかで料金が変わります

月額料金プランはドコモ回線かau回線かで変わる


IIJmioでは、ドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)に対応しています。音声通話SIMでは料金に違いはありません。

どの料金プランでも1ヶ月のみデータの繰り越しが可能です。ミニマムおよびライトスタートプランはSIMが最大2枚発行可能ですが、ファミリーシェアプランならSIMを最大10枚発行できます。なお、本記事では金額は全て税抜きで表示しています。

プラン名 月額の通信容量 音声通話SIM(タイプA・D)
ミニマムスタートプラン 3GB 1,600円
ライトスタートプラン 6GB 2,220円
ファミリーシェアプラン 12GB 3,260円


通話量が半額になる「みおフォンアプリ」


IIJmioの通話料金は30秒20円ですが、無料の「みおフォンアプリ」を利用することで通話料が半額に、通話定額オプションの利用で一定時間内の通話がかけ放題になります。

【通話料】

プラン名 タイプA タイプD
通常料金 20円/30秒
同一契約者名義間 16円/30秒
みおふぉんダイヤル利用

国内電話:10円/30秒
国際電話:10円/30秒(非課税)
同一契約者間の国内電話:8円/30秒

通話定額オプション

誰とでも3分&家族と10分:600円/月
誰とでも10分&家族と30分:830円/月

その他のオプション内容は下記の通りです。端末補償や遠隔サポート、留守電といった機能をオプションで追加できます。

【その他オプション】

オプション名 内容 料金
端末補償 IIJmioで購入・利用中の端末が故障・破損・水漏れ時に交換端末を2日以内に届けるサービスです。ただし一部離島や地域を除きます。 380円~/月
つながる端末保証 自然故障・破損・水没時に無償もしくは有償で交換端末を提供します。 500円/月
スマホの遠隔サポート オペレータと画面共有しながらスマホの使い方をサポートしてくれるサービスです。 500円/月
スマート留守電 LINEで留守電が着信できる、読める、聞ける留守電サービスです。 290円/月
トビラフォンモバイル 公的機関から情報蓄積したデータを活用し、迷惑電話を自然に着信拒否にするサービスです。 300円/月
IIJmio WiFi byエコネクト 日本全国15万ヶ所以上でWiFiが利用可能になります。 362円/月
大容量オプション 各通信プランにオプション契約を追加すると大容量データが利用可能になる。

20GB:3,100円

30GB:5,000円

データ容量の追加 月額契約のみ月30回まで100MBごとにデータの追加ができるサービスです。 100MB:200円

データ通信容量の追加方法が特徴的


IIJmioのオプションで特徴的なのがデータ容量の追加方法です。IIJではデータ通信容量のことを「クーポン」と呼んでいます。データ容量がなくなりそうになっても、クーポンを追加購入してデータ容量をチャージすれば、再び安心して高速通信できます。

追加クーポンとクーポンカードの特徴比較


WEBの会員専用サイトから追加クーポン(追加容量)を購入(チャージ)するのがもっとも手軽な方法です。

他にもコンビニや家電量販店でデータ容量追加のためのクーポンカードを購入することでもデータ容量を追加可能です。クーポンカードにはクーポンコードが記載されており、IIJのサポートページにクーポンコードを入力することで追加容量を登録できます。

IIJmioクーポンカードでデータ容量を追加する場合、チャージしたデータ容量の有効期限が長くなります。クーポンカードでチャージしたデータ容量の有効期限は3ヶ月間です。一方、IIJのサポートサイトで100MB単位の追加クーポンを購入した場合は、有効期限が1ヶ月間です。

【追加クーポンとクーポンカードの特徴比較】

  追加単位 容量制限 有効期限
追加クーポン
(通常の容量追加方法)
100MB単位 30回(3GB)まで 1ヶ月
クーポンカード 購入するクーポンカードごとに異なる(500M〜10Gまで) なし 3ヶ月※

※クーポンカード自体の購入から6ヶ月以内に登録が必要


IIJmioクーポンコードがお得


IIJのクーポンコードには、購入場所・方法により3種類あります。

クーポンカードの種類 購入できる場所
クーポンカード ヨドバシカメラやノジマ、ドン・キホーテなどの店頭
クーポンカード/セレクタブル ローソン、ファミリーマートのみ
クーポンカード/デジタル コンビニに設置されたマルチコピー機やLoppiなどで発券

特に注目すべきなのは、追加容量によっては会員専用サイトから普通に追加容量をチャージするよりも割安になるケースがある点です。下記に容量別に容量の追加にかかる料金を整理しました。


【購入方法別の容量追加料金比較】

データ容量 購入方法の種類

会員サイトでの通常のクーポン(容量)追加

クーポンカード
クーポンカード

クーポンカード
/セレクタブル

クーポンカード
/デジタル

100MB 200円
500MB (1,000円) 1,500円 1,500円
1GB (2,000円) 2,300円
2GB (4,000円) 3,000円 3,000円
3GB (6,000円) 4,100円
5GB 5,400円 5,400円
10G 9,400円


上記表の通り、大容量データクーポンの購入であれば会員専用サイトでのチャージよりクーポンコードのほうが割安です。

大手キャリアとの料金比較

質問者
質問者

IIJmioはお得そうだけど、大手キャリアとどれくらい料金に差があるんだろう?

カモメ君
カモメ君

3GBの音声通話プランで単純比較すると、IIJmioのほうが毎月2,550円安くなります

2年間ではドコモより毎月2,500円以上安い


ドコモのギガライトプラン(2年間定期契約なし、月3GB以内の利用)とIIJmioのミニマムスタートプラン(3GB)を比較したのが下記表です。

【3GB+音声通話プランの月額料金比較】

  ドコモ IIJ
月額料金(合計) 4,150円 1,600円

毎月2,550円ほどIIJmioのほうが安くなります。2年間のトータル金額および差額は数の通りです。

【3GB+音声通話プランの2年間トータル金額】

  ドコモ IIJ 差額
2年間トータル 99,600円 38,400円 61,200円

2年間同じプランを利用し続けた場合、61,200円IIJmioのほうが安くなります。

まとめ


IIJmioは格安スマホ会社の中でも大手が運営しており安心感があります。料金もシンプルでわかりやすく、家族で複数SIMを利用しやすいのが特徴です。

質問者
質問者

IIJmioって安くて安心感があっていいね。乗り換えようかしら。

カモメ君
カモメ君

大手キャリアとの契約よりも通信費を節約できるのが魅力ですね