【IIJmioギガプランの良さは?】初期費用1円&OPPO110円で楽天から乗りかえてみた

IIJmio キャンペーン 初期費用 格安SIM各社レビュー

格安SIM(MVNO)のなかでも回線品質や速度において、常に上位にランクインする「IIJmio」。品質の良さは耳にしていたものの、正直あまりピンと来ず、、これまでワイモバイルやOCNモバイル、楽天モバイルなどを選んできました。

楽天モバイルの無料期間も終了したタイミングだったので、IIJmioの「ギガプラン(2GB・858円〜)」と8月31日までのキャンペーンで初期費用1円が魅力的で、のりかえました。

この記事では、IIJmioのギガプランの料金プランや現在おこなっているキャンペーン情報について解説します。

格安SIM5社目、なぜIIJmio「ギガプラン」を選んだか?

(1) 料金が安い

(2) データ容量の分け方が細かく、ムダがない

(3)速度もそこそこ、しっかり速い

IIJmioのギガプランが他社より魅力的なのは、料金もですが、データ容量の分け方が細かく、自分に必要なプランを選べるところです。

(1) IIJmioは料金が安い

 音声
(通話OK)
SMS
(通話NG)
データ
(通話NG)
eSIM
(通話NG)
2GB858円825円748円440円
4GB1,078円1,045円968円660円
8GB1,518円1,485円1,408円1,100円
15GB1,848円1,815円1,738円1,430円
20GB2,068円2,035円1,958円1,650円
初期費用3300円⇒1円(8月31日まで)
※価格は税込み、2021年4月25日時点

《eSIMでのりかえたい人におすすめの関連記事》

IIJmioのeSIMでスマホ代を大幅節約!サブ回線利用に最適
日本でいち早くeSIMを導入した「IIJmio」。今使っているキャリアを解約せずに安くデータ容量を増やすことができるので、今よりスマホ代を安く抑えることができます。申込みから使えるようになるまで早ければ15分ほどで済むところもうれしいポイントです。この記事では、IIJmioのeSIMプランの料金や対応機種、申込方法を解説します。

(2) データ容量の分け方が細かく、ムダがない

格安SIMで人気のあるUQモバイルやワイモバイルはS/M/Lの3プランしかなく、「3GB以上使うけど15GBもいらない…」と感じている方も多いと思います。

ドコモやau、ソフトバンクから登場したahamoやpovo、LINEMOなども20GBでおおよそ3,000円ほどですよね。でも、実際のデータ消費量を見ているとWiFiスポットも多くなったので月5GBほどで十分だったりします。

そこで、目に留まったのがIIJmioでした。2GBから20GBまで5段階にわかれており、プラン変更もOK(無料)。高速データ通信のON/OFFの切り替えもできるので、データ容量を消費したくないときは低速モードで利用もできます。

ちなみに、イオンモバイルは0.5GBから10GBまで11段階のプランを選べたり、たくさん使う人は12GB〜50GBプランもあります。

ただ、料金を比較するとIIJmioのギガプランが安くなります。

イオンモバイル IIJmio

(3)速度もそこそこ、しっかり速い

安くても通信速度が遅すぎて、まったくつながらないのは論外です。

筆者の家にはWi-Fiが通っていますが、下り20.0Mbps、上り9.6Mbpsで「イライラしないけど高速ではない」スピードです。大家さんのご厚意で無料なため、ありがたく使わせてもらっているので不満は言えませんが…笑。

一方、公式サイトに掲載されているIIJmioの通信速度は、

ドコモ回線だと、

下り最大1,288Mbps、上り最大131.Mbps

au回線だと、

下り最大958Mbps、上り最大112.5Mbps

です。速いです。”最大値”なので、状況によって変わりますが、それでも速いです。

今、申込むと初期費用1円になる

IIJmio キャンペーン 初期費用

そして、最終的な決め手となったのが、初期費用1円キャンペーンでした。2021年8月31日までおこなっているこのキャンペーンを利用すると、通常3,300円かかる初期費用が1円で済みます。

毎月の支払金額が安くなるのはうれしいものの、初期費用はとことん抑えたいもの。最初にお金がかかるのはネックですよね。正直、初期費用がかかるなら楽天モバイルのままでいいか…とあきらめかけていたところです。

iijmio mnp 乗りかえ

それに、端末も通常価格18,150円⇒MNP限定特価110円で購入できたので、「OPPO A5 2020」を購入することにしました。いままでOPPOを使ってきて使いやすさに慣れていたのですが、バッテリーの減りが早くなっていたので良いタイミングでした。

のりかえついでに機種も変更したいな、と思っている方は狙い目ですよ。

まとめ:信頼あり&安い&キャンペーンがお得なのでのりかえするなら今

IIJmioはドコモの親会社NTTが資本参加していることやインターネットプロバイダを日本で初めて提供した技術力の高い会社であることや、速度を公式サイトで公表していることから信頼のおける会社だと感じました。

初期費用1円キャンペーンは8月31日までなので、気になっている方は早めに申込みすることをおすすめします。

 

《この記事を読んだ人が読んでいる記事》

IIJmioのeSIMでスマホ代を大幅節約!サブ回線利用に最適
日本でいち早くeSIMを導入した「IIJmio」。今使っているキャリアを解約せずに安くデータ容量を増やすことができるので、今よりスマホ代を安く抑えることができます。申込みから使えるようになるまで早ければ15分ほどで済むところもうれしいポイントです。この記事では、IIJmioのeSIMプランの料金や対応機種、申込方法を解説します。
《新着》UQモバイルでiPhone11が買えるように!64GBが1,380円〜/月で使える
4月23日(金)、UQモバイルからiPhone11が発売されました。「iPhoneにのりかえたいけど...
日本通信「b-mobile 990ジャストフィットSIM」は得か、速度やの料金プランをチェックしてみた
ワイモバイルやUQモバイルのように大々的な広告を出しておらず、格安SIMのなかでは、ややマイナーな「...