格安SIM3社の1Mbps使い放題比較!速度制限なしで今より安く使えるのは?

格安SIM 1Mbps 比較 格安SIM比較

1Mbpsで容量無制限に使える格安SIMは、楽天モバイル・UQモバイル・ワイモバイルの3社です。3社のプランは一見似ていますが、比較すると月額料金や高速・低速モード切り替えに差があり、普段の使い方に合った格安SIMを選ぶ必要があります。

この記事ではデータ容量超過後、1Mbpsで使い放題で使えるおすすめの格安SIMを詳しく解説します。

>比較ランキングへ(下部)

通信速度1Mbpsで動画はOK?LINE電話は?

格安SIM 1mbps できること

質問者
質問者

通信速度が1Mbpsってどれくらいの速さなの?

カモメ君
カモメ君

TwitterやLINE、ヤフーニュースなどは違和感なく使えます。動画も画質を下げると視聴できますよ。

一般的にYou Tubeの標準画質の再生に必要な速度は1Mbps前後と言われているため、高画質でなければYouTubeの再生も可能です。

通信速度1Mbpsでできること

1Mbpsの速度があれば、私たちが日常生活の中で利用しているアプリのほとんどはイライラせず利用できます。

  • LINEのトーク/無料通話/ビデオ通話
  • You Tube(標準画質以下)の再生
  • カーナビアプリ/マップアプリ
  • ラジオアプリ/ストリーミングの音楽再生アプリ
  • SNS(Twitter/Facebook/Instagram)
  • ニュースアプリ
  • パズルゲーム(パズドラ等)
  • 位置情報ゲーム(ポケモンGOやドラクエウォーク)

1Mbpsで使い放題のプランに乗り換えると、データ容量をムダ遣いしなくて済むので、今よりも快適により安く利用できるようになります。

通信速度1Mbpsではできないこと

通信回線に負荷のかかるようなサービスを利用する場合、1Mbpsの速度だと時間がかかったり、途中でタイムアウトとなってしまうことがあり、ストレスを感じてしまいます。

  • You Tube(高画質以上)の再生
  • 大容量のアプリや動画のダウンロード
  • 高画質ゲームのオンラインプレイ
  • 動画のアップロード

これらのサービスを利用するときは、高速通信やWi-Fiに切り替えて利用すると良いでしょう。そのため、高速通信と低速(1Mbps)モードの切り替えが可能なUQモバイルや楽天モバイルは便利ですよ。

1Mbps使い放題できる格安SIM比較!

格安SIM 1Mbps 比較ランキング

質問者
質問者

どこの格安SIMにしようかな?

カモメ君
カモメ君

楽天、UQ、ワイモバイルは1Mbps使い放題プランがあります。その中でも高速通信もできて、使わなかった分は翌月持ち越しできるUQモバイルは使いやすいのでおすすめですよ。

通信速度1Mbps使い放題で利用できる楽天モバイル・UQモバイル・ワイモバイルの3社を比較しました。基本料金の安さだけでなく、高速 / 低速モードの切り替えの有無データ容量の持越しができるか、といった使いやすさも含めて比較しています。

 

格安SIM 1mbps 比較

UQモバイルは高速/低速モードの切り替えや使わなかったデータ容量を翌月に持ち越せるサービスがあります。楽天モバイルは楽天回線エリア内であれば、高速通信でデータ容量が使い放題になる魅力的なプランです。ただし、エリア外だと毎月のデータ容量が5GBまでなので、UQモバイルより劣る部分があります。

ワイモバイルは、3社の中で最も月額基本料金が高めに設定されています。10分かけ放題やYahoo関連のサービスを利用することが多い場合に候補になるでしょう。

【1Mbpsで使い放題の格安SIM比較】

 

UQモバイル 楽天モバイル Y!mobile

総合評価

毎月10GBたっぷり使える!コスパ・速度◯通信も安定

エリア内であれば最有力候補!ネットも通話も使い放題

やや割高。Yahoo!サービスを利用するなら候補

基本料金
(容量)

R:3,278円
(10GB/月)

UN-LIMIT:3,278円
(無制限
※パートナー回線では5GB/月)

M:4,048円
(10GB/月)

R:5,148円/月
(14GB/月)

データ翌月
持ち越し

不可

不可

高速/低速
切り替え

不可

家族割

2回線目以降550円/月の割引

なし

2回線目以降550円/月の割引

学割

あり
※2020年の受付終了

なし

あり
※2020年の受付終了

※価格は税込
※ワイモバイルの上限超過後の速度制限1mbps利用開始は7月から

《注意》UQモバイルとワイモバイルのSプランは1mbps対象外

UQモバイルとワイモバイルには、データ容量が3GB/月の「プランS」というライトユーザー向けのプランがあります。しかし、プランSは1Mbps使い放題の対象外となっているので注意しましょう。プランSの場合、高速通信量を使い切るとUQモバイルでは300kbps、ワイモバイルでは128kbpsと速度制限がかかります。

格安SIMの1Mbps使い放題プランおすすめTOP3

格安SIM 1mbps おすすすめ

1位:UQモバイルは唯一、データ容量の持ち越しができる

UQモバイルは3社の中では唯一、高速データ容量の繰越ができます。また、高速通信と1Mbpsの通信の切り替えができるので、高速データ容量の節約が可能になります。これまで、10GB以上使っていた人も十分に「スマホプランR」で対応でき、スマホ代節約にもなりますね。UQモバイルには、ワイモバイルや楽天モバイルのように通話かけ放題が基本料金に含まれていませんが、1Mbpsでデータ容量無制限なので、通話などはLINEでやりとりするのであれば、通話定額オプションも不要です。

UQモバイルを選ぶメリット

  • 自由度が高い
  • 通信速度が安定している
  • 公式サイトで紹介されている動作確認済み端末の種類が多い

UQモバイルは格安SIMの中でも屈指の通信安定性を誇っており、回線混雑時でも安定した通信ができます。格安SIMに安心感や安定感を求める人にもおすすめの格安SIMです。また、iPhoneにも対応しているので、手持ちのスマホで格安SIMに乗り換えたい人にぴったりです。

UQモバイルは格安SIMでは珍しく、家族割や学割が利用できたり、クレジットカードだけでなく口座振替での支払いも可能です。

関連記事

【6/1スタート】UQモバイル月額2980円「スマホプランR」の評判は?料金やデメリットを解説!
契約者数200万人を突破したUQモバイルから新プランがスタート。「スマホプランR」は月額2,980円で10GB 使えるお得プランです。この記事では、すでに乗り換えた人の口コミ評判と合わせて「スマホプランR」のメリット・デメリットを解説します。

2位:楽天モバイルは”1年間無料”で高速通信が使い放題!

楽天モバイルは現在、全国に回線エリアを拡大中で、楽天回線のエリア内であれば、データ無制限で高速通信も通話も使い放題になるという、他にはないプランが魅力です。楽天回線は20〜40Mbpsで利用でき、パートナー回線エリアで5GB超過後は1Mbpsで使い放題になります。

UQモバイルと比較すると、楽天回線エリアが狭い点や対応機種が限られるというデメリットはありますが、今申し込むと、1年間月額基本料金が無料、契約事務手数料もポイント還元されるので実質無料になり、解約料も0円なので乗り換えリスクがゼロというメリットがあります。

楽天モバイルを選ぶメリット

  • 楽天回線エリア外でも、5GB+1Mbpsで使い放題
  • 1年間、月額基本料金が0円で使える
  • 通話、SMSも無制限で使い放題

1年間の月額基本料金無料後も、月額3,278円でデータ容量・通話が使い放題なのでコスパの良い格安SIMです。

関連記事

楽天モバイルの新プラン「UN-LIMIT」を「スーパーホーダイ」と比較!申込みで得する人は?
遂に2020年4月8日からスタートした楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT」。7月からはiPhoneも使えるようになり、データ通信使い放題、電話もかけ放題なのは非常に魅力的ですよね。対象エリアの狭さや対応端末の少なさは今度の改善が期待されますが、先着300万人を対象に1年間利用料金は一切不要!新プランの魅力を調査しました。

3位:ワイモバイルは新規割や学割で月額料金が安くなる

ワイモバイルの1Mbps無制限プランはプランM(10GB)とプランR(14GB)の2種類から選択ができます。月額基本料金の中に、10分かけ放題の無料通話分が最初から含まれており、楽天モバイルと違って”専用のアプリから発信しなければならない”などの制約もないので、格安SIM初心者でも安心して利用できる点に強みがあります。

また追加料金なしでYahoo!プレミアム会員になれる特典付きなので、paypayやYahoo!ショッピング(PayPayモール)などのYahoo関連のサービスを良く利用する人にもおすすめです。

ワイモバイルを選ぶメリット

  • 10分かけ放題が付帯している
  • 追加料金なしでYahoo!プレミアム会員になれる
  • 新規割や学割などがあり、月額料金が安くなる

ワイモバイルは実店舗も多いので、データ移行や設定で困ったことがあれば直接教えてもらうことができます。大手キャリアと変わらないレベルでサポートが受けられるのはワイモバイルのメリットです。他の格安SIMだとオンラインで問い合わせをしなければならないので、格安SIM初心者には親切で使いやすいですよ。

関連記事
ワイモバイルでeSIM申込みスタート!料金プランや手数料を一挙解説
【朗報】ワイモバイルは2021年3月17日からeSIMの提供を開始しました。これにより、新規申込みや...

格安SIMの1Mbps使い放題にも注意点あり

格安SIM 1mbps 比較

質問者
質問者

1Mbps使い放題プランで気をつけるべきことってあるかな?

カモメ君
カモメ君

1Mbpsの速度は最大値だから、利用する場所や時間帯によっては速度がとても遅くなることもあるよ。

1Mbpsは最大値、時間帯によっては速度が下回ることも

1Mbps使い放題プランもLTEプランと同様に常に1Mbpsでの速度が保証されているわけではありません。特に通信回線が混雑する12時頃や19時頃の時間帯には1Mbpsの速度を下回るとこも多いので、回線混雑時の利用には注意が必要です。

楽天モバイル・UQモバイル・ワイモバイルは回線混雑時も比較的安定しているので、大幅に1Mbpsを下回ることはないでしょう。ただし、楽天モバイルのパートナーエリアの場合、au回線を利用するため時間帯によっては速度が落ちる場合もあります。

短期間に大量通信をすると通信量速度制限がかかることも

なお、格安SIMの中には低速時に3日間で一定の通信量を超過するとさらなる制限がかかってしまうことがあります。UQモバイルでは、高速データ容量が残っている状態で3日間で一定の通信量を超えると通信速度が1Mbpsとなってしまい、ワイモバイルも短期間での大量通信を行うと制限されることがあるので、短期間での大量通信は要注意です。

※楽天モバイル・UQモバイル・ワイモバイルの1Mbps使い放題プランは1Mbpsからさらに制限がかかってしまうことはありません。

まとめ

1Mbpsで利用できるアプリは意外と多く、ダウンロードや動画のアップロード以外は無制限で利用できます。

1Mbpsプランのある格安SIMの中でも、UQモバイルは2,980円でたっぷり10GB分の高速通信ができ、1Mbps(低速モード)の切り替えもできるので、最もおすすめです。LINEのやりとりや検索がメインであれば、1Mbpsプランのある格安SIMにすると今より安く、快適に利用できますよ。

>もう一度比較ランキングを見る(上部)

※価格は税込み
※執筆時点と価格やキャンペーン情報が異なる場合があります。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

<この記事を読んだ人におすすめの関連記事>

月3GBの格安SIM比較ランキング!安くて通信速度に定評があるのは?
格安SIM3GBの月額料金の相場は1600円ほどです。大手キャリアを使っている人からするとそんなに安くなるわけがないと思うかもしれませんが、大手キャリアと同じ回線を使っているので通話やデータ通信も問題なく使うことができます。この記事では、主要な格安SIM13社の3GB月額料金を比較しています。
2020年版 家族割のある格安SIM比較ランキング!4人家族で最も安くなるおすすめは?
家族のスマホ代を安くするなら格安SIMへの乗り換えがおすすめです。特に家族割のあるUQモバイルは4人家族で月額6,420円になります。また、シェアプランのある格安SIMを選ぶと一人あたり1,470円〜利用することができます。この記事では、どの格安SIMが安く利用できるか調査し、おすすめの格安SIMを紹介します。