楽天モバイルの契約解除料は?スーパーホーダイは縛りに注意

楽天モバイル 解約解除料 格安SIM各社レビュー

楽天モバイルは1年間は安く使えるものの、それ以降は割引がなくなるので他社への乗り換えを検討している方も多いのではないでしょうか?

その際、気になるのが契約解除料ですよね。

2019年10月以降に新規契約をした場合、契約解除料はかかりません。しかし、それ以前に契約した方は”契約プラン”と”契約期間”によって契約解除料が発生します。

また、解約申込日によっては翌月分まで支払いが発生することもあるので、注意が必要です。この記事では楽天モバイルの契約解除料について解説します。

楽天モバイルの最低利用期間、契約解除料は?

質問者
質問者

楽天モバイルを解約するとき違約金がかかるの?

カモメ君
カモメ君

プランや契約時期によって契約解除料がかかる場合とそうでない場合があります。自分がどのプランにいつ申込みをしたのか調べる必要があります。

2019年10月1日以降に契約した人は契約解除料はありませんが、それ以前に楽天モバイルの契約をした場合は、申し込んでいるプランによって契約解除料は発生します。

新プラン「Rakuten UN-LIMIT」の場合

Rakuten UN-LIMITは2020年4月8日にスタートした新プランです。「Rakuten UN-LIMIT」は、いつ解約しても契約解除料は発生しません。「Rakuten UN-LIMIT」の料金プランは別記事楽天モバイルの新プラン「UN-LIMIT」とは?で詳しく解説しているので参考にご覧ください。

楽天モバイルの新プラン「UN-LIMIT」を「スーパーホーダイ」と比較!申込みで得する人は?
遂に2020年4月8日からスタートした楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT」。7月からはiPhoneも使えるようになり、データ通信使い放題、電話もかけ放題なのは非常に魅力的ですよね。対象エリアの狭さや対応端末の少なさは今度の改善が期待されますが、先着300万人を対象に1年間利用料金は一切不要!新プランの魅力を調査しました。

スーパーホーダイの場合

スーパーホーダイを2019年10月1日以降に申し込みした人は、いつ解約しても契約解除料は不要です。しかし、2019年9月30日以前に申し込んだ人は、申し込み時期によって10,780円〜32,780円の契約解除料が発生します。

2018年6月14日〜2019年9月30日に申し込みした場合

最低利用期間内に解約すると契約解除料が10,780円かかります。

楽天モバイル 解約 料金

2017年9月1日~2018年6月13日に申し込みした場合

こちらの場合、2018年6月14日以降に契約した場合よりも契約解除料が高額です。解約するタイミングには注意しましょう。

楽天モバイル 解約費用

契約年数を確認するには?

自分がいつ契約してどのパターンに当てはまるか分からない場合は、メンバーズステーションで確認できます。楽天モバイルアプリから下記の図のように「登録情報の確認・変更」から「ご契約者さま情報」を開くと、回線契約開始日と最低利用期間がわかります。

楽天モバイル 契約解除手数料

組み合わせプランの場合

「組み合わせプラン」は、音声通話とデータ通信がセットになったプランです。2019年10月1日以降に申し込みした契約ではいつ解約しても契約解除料はかかりません。

2019年9月30日以前に申し込みした場合は、最低利用期間が12ヶ月となり、契約解除料は10,780円かかります。

データSIMの場合

データSIMは音声通話なしでデータ通信だけできるプランです。基本的にデータSIMには最低利用期間はありませんので、いつ解約しても契約解除料は発生しません。

ただし、例外として2回線目の契約でキャッシュバック還元がある「プラス割」で加入した場合は最低利用期間が6ヶ月となり、期間内に解約すると契約解除料10,780円かかります。

オプションを解約する場合

オプションには最低利用期間や契約解除料はありません。ただし、オプションサービスの解約締日は毎月25日となっているので注意しましょう。

楽天モバイルの解約受付には締日がある

質問者
質問者

今月中に解約しようと思うけど、手続きはいつまでにすればいいの?

カモメ君
カモメ君

解約しようと思ったら、毎月15日までに解約申請するようにしましょう。それ以降になると翌月解約になり翌月分まで料金の支払いが発生します。

解約申請の締日は毎月15日

楽天モバイルを解約する場合、毎月15日までに申請しなければその月での解約はできません。毎月16日以降になると翌月末で解約となるので、注意してくださいね。

たとえば4月に解約申請する場合は、以下のようになります。

  • 4月1日〜4月15日に解約申請…4月末で解約
  • 4月16日〜4月30日に解約申請…5月末で解約

4月中に解約したいのであれば、4月15日までに申請する必要があります。解約申請が15日以降になると翌月分の月額料金が発生するので注意してください。

また、楽天モバイルでは解約月の日割計算はありません。たとえ解約月に1度も利用しなかったとしても月額料金が丸々かかります。

オプションサービス解約の締日は毎月25日

なおオプションサービスの解約締日とプラン変更の締日は毎月25日です。回線の解約申請だけ締日が15日になので、間違えないように気をつけましょう。

楽天モバイルの解約にかかる総額費用は?

楽天モバイル 乗り換え 手数料

質問者
質問者

楽天モバイルの解約にかかるのは契約解除料だけ?

カモメ君
カモメ君

他社に乗り換える場合は別途3,300円かかります。

楽天モバイルの解約時に発生する費用は以下のようなものがあります。

  • 契約解除料(10,780円〜32,780円)
  • MNP転出手数料(3,300円)※他社へ番号そのままで乗り換える場合
  • 最終月の月額料金、通話料、オプション料金

※価格は税抜表示です

番号を変えずに他社に乗り換えるときは、MNP転出手数料として3,000円が必要です。番号が変わってもいい場合は不要です。楽天モバイルに場合、最終月の日割計算はないので月額料金と通話料、オプション料金などが1ヶ月分かかると考えておきましょう。

楽天モバイルの解約手続きの流れ

質問者
質問者

解約手続きの流れはどうなるの?

カモメ君
カモメ君

解約手続きはオンラインで簡単に終わります。電話をかけたり店舗に来店する必要はありません。

それでは実際に解約するときの手続きの流れを見ていきましょう。解約をするには、メンバーズステーション(PC・スマホ)から手続きができます。

楽天モバイルショップやコールセンターでは手続きはできないので注意してください。

解約の流れは以下のようになります。

  1. メンバーズステーションにログイン
  2. 「会員メニュー」の中から「登録情報・設定変更」の項目を探す
  3. 「楽天モバイル解約申請」を選択
  4. 注意事項を確認し、画面の指示に従い解約の手続きを行う

この流れで解約申請が完了します。

他社へMNP乗り換えをする場合は、「登録情報・設定変更」の中にある「MNP予約番号発行・確認」からMNP予約番号を発行しましょう。乗り換え先の会社でMNP申し込みをして、回線切り替えが完了した時点で解約となります。

オプションサービスのみを解約したい場合もメンバーズステーションから手続きを行います。会員メニューの「オプションサービスの申し込み」にある「オプション解約申請」から手続きをしましょう。

オプションサービスもショップやコールセンターでは解約できず、メンバーズステーションからのみ手続き可能なので注意してください。

解約するより楽天モバイルの新プランに変更するほうがお得かも

楽天モバイルは2020年4月8日から2021年4月7日まで、第4のキャリア(MNO)として新サービスの提供を開始しています。サービス開始に伴い、先着300万人で1年間の月額料金が無料・データ容量無制限のキャンペーンを行っており、新プランへの乗り換えには費用がかかりません。

他社に乗り換えを検討している方は一度試してみてもいいかもしれません。

新プラン「Rakuten UN-LIMIT」は楽天回線を使っています。従来はドコモ回線とau回線を借りてサービスを提供していましたが、新プランでは楽天回線(エリアによってはau回線の両方)を利用する仕組みになります。

Rakuten UN-LIMITというプラン名からも分かるとおり、楽天回線エリアは高速データ通信が完全な使い放題となります。楽天の基地局は東京を中心とした関東エリアや名古屋・大阪エリアを中心としており、全国すべてには至っていませんが今後順次エリアが広がっていく予定です。さらに、通話料は「Rakuten Linkアプリ」を使って発信することで国内通話が完全かけ放題となります。

楽天エリア外ではパートナー回線(au回線)に繋がります。パートナー回線エリアは高速通信が月5GBまで使うことができ、高速通信を使い切っても最大1Mbpsで使い放題となります。低速通信が1Mbpsということはスーパーホーダイと同じなので、YouTubeなど動画視聴やインターネット閲覧は実質使い放題と考えてもよいでしょう。

この新プランでは現在先着300万人を対象に新プランの月額料金が1年間無料になるキャンペーンを実施しています。月額料金は3,278円なので、一年間利用すれば39,336円の節約になります。

まとめ 2019年以前にスーパーホーダイを契約した人は最大32,780円かかる

楽天モバイルの契約解除料は、2019年10月以降の契約であれば不要ですが、2019年9月以前に契約した方は費用が発生します。その場合、契約プランと契約期間によって最大32,780円の契約解除料がかかるので、まずは自分の契約年数を確認するようにしましょう。

もし、契約解除料が発生するのであれば、初期費用をかけて他社に乗り換えするよりも、新プランへのプラン変更をするほうがお得になるので、検討してみてはいかがでしょうか。

<この記事を読んだ人におすすめの関連記事>
楽天モバイルをesimで契約!申込みから初期設定、対応端末まで解説
楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Ⅴ」はRakuten miniやiPhoneなどeSIM対応した端末で利用できます。この記事では、実際にeSIMで楽天モバイルを契約した筆者がeSIMで契約するメリットや注意点楽天回線に対応した対応機種や初期設定方法を解説します。
楽天モバイルのキャンペーンで最大25,000ポイントもらう方法
楽天モバイルの契約で最大25,000ポイントもらえる!内訳は申込で5,000ポイント、新しく機種を楽天モバイルで購入すると最大20,000ポイント還元という豪華なキャンペーンです。話題の機種が通常より安く手に入るので、楽天モバイルに乗り換えを検討している方は早めの申込みがおすすめですよ。

※価格は税込み

※執筆時点と価格やキャンペーン情報が異なる場合があります。最新情報は公式サイトにてご確認ください。