格安SIM/格安スマホの通信速度の実態を比較!UQとワイモバイルが2強

格安SIM 通信速度 格安SIM比較

大手キャリアから格安SIMに乗り換えると通信速度が心配という声も耳にします。

格安SIMの通信速度は、回線の混み合う時間帯にストレスなく利用できるかが最も重要です。結論から言うと、格安SIM(格安スマホ)で速度を重視する場合はYmobileワイモバイル・UQモバイルの2択となります。

本記事では通信速度の速い格安SIMの見分け方と24時間通信速度を測定した結果を紹介します。

通信速度の速い格安SIMの見分け方

質問者
質問者

通信速度の速い格安SIMはどうやったらわかるの?

カモメ君
カモメ君

回線の混み合う時間帯の速度が安定している格安SIMを選ぶといいですよ。

どれくらいの通信速度があればストレスに感じない?

通信速度の速い格安SIMとは、大手キャリアのように上りも下りも10Mbps以上ある格安SIMのことです。

通信速度が速ければ速いほど快適に使えますが、YouTubeを観るときとウェブ検索するときではストレスなく使える速度は異なるので、具体的な数値を交えながら解説します。

 

【データ通信に必要な速度目安】

  快適な速度 ストレスを感じる速度
マップ利用 1Mbps 0.2Mbps(200kbps)
ウェブ検索 1~2Mbps 0.5Mbps(500kbps)
動画視聴 3Mbps 1Mbps

※下り速度の目安
※データ参考引用:動画ストリーミングに関する問題のトラブルシューティング

ウェブ検索の場合、閲覧するウェブページによって快適に利用できる速度は変わります。文章だけのページなら速度はあまり必要ありません。一方、動画の多いニュースサイトなどは速度が必要です。

上り

上りとは、データをアップロードすることです。LINEで写真や動画を送ったり、スマホで資料のやりとりが多い人は、上りの速度が重要です。

下り

下りとは、データをダウンロードすることです。YouTubeなど動画やマップ利用の多い人は方は、常時1Mbps以上あると快適でしょう。

Mbps(メガ・ビット・パー・セカンド)

Mbpsは通信速度を表す単位のひとつで、この数値が大きければ大きいほど高速で通信ができます。大手キャリアだと通信速度は常に10Mbps以上、格安SIMの回線が遅いときだと0.5Mbps(=500kbps)以下になります。

 

回線が混み合う時間帯に遅くなるかが重要


通信速度が遅くなるのは、多くの人が同時に利用するからです。道路の渋滞をイメージするとわかりやすいかもしれません。

大手キャリアは片側4車線の道路、格安SIM(格安スマホ)は片側1車線の道路だとします。

他に車が走っていなければどちらも同じ速度で走れます。ただし、片側1車線だと通勤時間に一気に混み合うので渋滞しスピードが出せなくなりますよね。格安SIMも同じです。多くの格安SIMでは使える車線が少ないので、混雑する時間帯では多くの影響を受けます。

特に速度が遅くなりやすい時間帯は、以下のとおりです。
・朝の通勤通学時間
・昼休み
・帰宅後の時間帯

多くの人が利用する時間帯を除けば、基本的にはどの格安SIMでも快適に利用できるでしょう。回線が混み合う時間帯でもサクサク使いたい方は、ワイモバイルUQモバイルといった通信速度の速い格安SIMの利用が適しています。

回線は関係あるの?

格安SIMは大手キャリアの回線を借りているので、docomo回線・au回線・Softbank回線のいずれかを選ぶ必要があります。以前は「docomo回線を利用していた方はdocomo回線のある格安SIMを選ぶと良い」とも言われていましたが、回線によって速度が大きく変わることはありません。

なお、使っているスマホを変えずに大手キャリアから乗り換える場合、スマホと回線の相性があるので、同じ回線を選択すると安心です。電波の入り具合も変わらずに利用できるので、乗り換える前と使い勝手に差がなく利用できます。

2020年2月更新!格安SIM8社の通信速度比較

質問者
質問者

通信速度は時間帯によってどれくらい違うんですか?

カモメ君
カモメ君

お昼や夜は、それ以外の時間帯と比べると1/10の速度しか出ない格安SIMもあります。

通信速度の速い格安SIMは?SIMWでの速度比較の結果

 
「SIMW」というリアルタイム通信速度比較ツールを用いて、格安SIM事業者の通信速度を平日と休日にわけて比較調査しました。

計測結果を見ると、平日・休日ともに通信速度の速い格安SIMは、ワイモバイルとUQモバイルです。平日だと混雑しやすい朝・昼・夕方の時間帯に大きな差が出ました。ワイモバイルやUQモバイルは、時間帯によって大手キャリアよりも速いときもあるので、通信速度重視の方はいずれかを選ぶと間違いないでしょう。

【格安SIM8社の時間帯別通信速度一覧(平日)】単位:Mbs

  8時台 12時台 18時台
UQモバイル 11.8 12.6 12.2
ワイモバイル 11.6 13.5 10.9
楽天モバイル 2.1 1.6 4.4

IIJmio

(ドコモ回線)

4.9 0.4 1.7
LINE MOBILE 1.9 0.5 0.4
BIGLOBE モバイル 1.4 0.6 1.4
OCNモバイルONE 1.2 0.2 2.3

mineo

(ドコモ回線)

0.8 0.6 0.9

【格安SIM8社の時間帯別通信速度一覧(休日)】単位:Mbs

  8時台 12時台 18時台
UQモバイル 11.5 14.2 12.4
ワイモバイル 10.0 7.3 8.0
楽天モバイル 10.2 5.2 6.2

IIJmio

(ドコモ回線)

7.8 5.6 4.9
LINE MOBILE 8.0 1.1 1.1
BIGLOBE モバイル 9.1 2.0 2.0
OCNモバイルONE 13.4 5.4 8.7

mineo

(ドコモ回線)

6.6 4.8 5.4

平日はワイモバイルとUQモバイルの速度が際立って安定しています。休日の場合も際立っているわけではないものの、安定しています。

※2020/2/4(火)時点
※単位はMbps 
※東京都新宿区のある場所で定点観測
※高速モード(通常モード)時で測定

リアルタイムの速度は下記のグラフようになります。折れ線グラフの線の上にカーソルを持ってくる(モバイルの場合タッチする)と各社の具体的な数値も見られます。 また、最初見た時点では過去24時間のデータですが、期間の長さも変えることができるので、現時点でたまたま早いだけなのか/遅いだけなのかなどの傾向も見えると思います。

格安SIMの中ではワイモバイルとUQモバイルが速くて安定

質問者
質問者

速度の速いワイモバイルとUQモバイルの違いはなんですか?

カモメ君
カモメ君

通話をどれくらい利用するかで選ぶといいですよ。かけ放題プランが不要であれば、UQモバイルのほうがお得です。

ワイモバイルはSoftbankと同じ高速通信が可能

Softbankの独自回線で速度安定

Y!moblieはSoftbankのサブブランドです。Y!moblie他の格安SIM(スマホ)と異なり、Softbank回線を借りるのではなく、一緒に使っています。そのため、大手キャリアであるSoftbankと同等の通信速度で利用できるのです。

重たい動画もサクサク観れる

大手キャリアであるSoftbankと同等の速度で通信できるので、重たい動画もサクサク観れます。ワイモバイルでは混雑時に速度の大きな低下はありません。

10分かけ放題が標準

10分までの通話であれば何度どこにかけても無料です。追加料金を払うことなくかけ放題を利用できる点はメリットです。

【ワイモバイル料金プラン】

  Sプラン Mプラン Lプラン
データ容量 3GB 9GB 12GB
料金 2,680円 3,680円 4,680円

※どのプランにも10分かけ放題付き

お得なキャンペーン情報

ワイモバイルでは2020年2月現在「新規割」として初めの6ヶ月の料金が700円引きです。また5~18歳の子どもが契約するとさらにMプランがさらに1,000円引きとなる「ワイモバ学割」もやっています。学割は1年中やっているキャンペーンではないので、ワイモバイルを検討する場合、キャンペーン期間中にするとお得です。

UQモバイルは融通の利くプランで高速通信可能

auのサブブランドで速度安定&速い高速通信

UQモバイルはauのサブブランドで、他の格安SIMとは異なり常時高速通信ができます。

データ通信を翌月に繰り越せる

UQモバイルでは余ったデータ通信量を翌月に繰り越せるので、無駄がありません。月々のデータ消費量にムラのある人はうまく使えば、お得にデータ通信できます。

低速モードは1Mbpsでデータ使い放題

UQモバイルには低速モードへの切り替えが可能です。低速モードでは速度が300kbpsに制限される代わりにデータ通信量の消費が0になります。2020年6月から新プラン「スマホプランR」がスタート。10GB・月額2,980円でデータ容量超過後や低速モード時は1Mbpsで利用できます。「スマホプランR」の詳細はこちら(別記事)をご覧ください。

【UQモバイル料金プラン】

  Sプラン Rプラン Mプラン Lプラン
データ容量 3GB 10GB 9GB 14GB
料金 1,980円 2,980円 2,980円 3,980円

※通話料金は30秒/20円

※MプランとLプランは2020年5月31日に新規受付終了。

【UQモバイル通話オプション】

  60分/月の通話無料 10分かけ放題 24時間かけ放題
料金 500円 700円 1,700円

UQモバイルは、ワイモバイルのように標準でかけ放題がついていないので、ワイモバイルよりも低価格です。

10分かけ放題オプションをつけると、ワイモバイルと同等の料金形態です。通話オプションを選択できる分UQモバイルのほうが融通は利きます。

 

格安SIMに乗り換えるときに必要なこと、費用

質問者
質問者

格安SIMに乗り換えるとなると、やっぱりお金かかりますよね…。

カモメ君
カモメ君

そうですね。事務手数料やMNP予約番号が必要になります。

格安SIMに乗り換えるときは予約番号と手数料が必要

格安SIM(格安スマホ)に乗り換えるとなると、以下の3つが必要です。

・MNP予約番号
・事務手数料
・SIMフリーもしくはSIMロックを解除したスマホ

MNP予約番号

電話番号を引き継ぐために必要で、今利用しているキャリアに電話をして予約番号を取得します。混み合っていると取得するまでに15〜30分かかります。

そのあと、新しく契約する格安SIM事業者のショップやオンラインページで手続きをします。

なお、予約番号は15日間の有効期限があるので、取得後は速やかに手続きをしてください。

事務手数料

格安SIMに乗り換える場合、様々な手数料がかかります。主に、
・MNP転出手数料(3,000円程度)
・契約事務手数料(3,000円程度)
・解約金(なし〜9,000円程度)

がかかります。解約料が不要な場合でも最低でも6,000円程度必要です。

SIMフリーもしくはSIMロックを解除したスマホ

元々使っていた回線と別の回線を利用する場合、SIMフリーもしくはSIMロックを解除したスマホを自分で用意する必要があります。

SIMロックはマイページまたは店頭で解除する

SIMロックとは、元々契約した通信会社以外の回線を利用できなくするロックのことです。SIMロックのかかっているスマホだと、別の回線を利用しようとした場合、通信ができません。

SIMロックを解除する方法は、通信会社のマイページで解除する方法と今利用しているキャリアのショップで解除してもらう方法があります。

ショップで解除すると手数料として3,000円かかってしまうため、マイページで解除するほうお得です。SIMロック解除は、2015年5月以降に購入した機種で、通信会社で購入してから101日が経過したものであれば基本的に可能です。なお、SIMロック解除は乗り換え前にしておいてください。

まとめ

通信料を安く抑える格安SIM(格安スマホ)で速度を重視したい場合は、ワイモバイルもしくはUQモバイルを選択しておけば間違いありません。大手通信会社と変わらないレベルでの高速通信をしながら費用を抑えられます。

※価格はすべて税抜です